ベストパートナー|【3カ月で結婚】奴隷寸前からの解放

こんにちは、藏本(くらもと)です。今日は私自身の結婚ストーリーについてお話します。

ベストパートナー|【3カ月で結婚】奴隷寸前からの解放

このエピソードはシリーズものになっています!(徐々にアップしていきます!)

  1. エピソード全体像 → ベストパートナー|付き合って即日婚約、3か月後結婚ストーリー
  2. エピソード1  → 【3カ月で結婚】奴隷寸前からの解放(今回はコチラ!)
  3. エピソード 2 → 初対面は、お互い変な人(now constructing…)
  4. エピソード 3 → 金の携帯電話を探せ!(now constructing…)
  5. エピソード 4 → 結婚を決めた理由(now constructing…)
  6. エピソード 5 → 草食系男子に狩りをさせる(番外編)(now constructing…)
  7. エピソード 6 → マリッジブルーの解消(now constructing…)
ベストパートナー|【3カ月で結婚】奴隷寸前からの解放01

私の結婚宣言は、両親の脳をノックアウトさせてしまった

前回から、このシリーズを書いていて、いろんなことを思い出しました。

例えば、

  • たった三ヵ月半のはずなのに、妻がマリッジブルーになったこと
  • そういえば、妻と付き合う3日前まで、彼女がいたこと
  • そういえば、大阪と東京の遠距離恋愛だったこと

など、、、全部、出していきたいですが、小出しにいこうと思います。

復習|付き合って即日婚約、3カ月後結婚ストーリー

少し復習ですが、、、私と妻は、

2011年10月31日

  • お付き合いが始まる
  • そして、同日、(と、いうことは10月31日)にプロポーズする

2012年2月10日

  • 新居を構え、2月14日に入籍する

だったのですが、、、大きな関門がありました。それは、親に報告して許可を得ることだったのです。しかも、ただの状況ではありませんでした。当時、私は会社を辞め、実家に戻っていました。独立とはいったものの、見方を変えれば、半ニートといわれても否定できない状況です。

それに加えて、年上の彼女、、、当時の私は、28歳。妻は、OVER 40。英語で書くと格好いいですが、そんなノリで読者は笑ってくれても、親をごまかせるわけがありません。結構、勝負度胸があると定評がある私ですが、、、これはさすがに緊張しました。

半ニートに加え、10の位が2つ違うのです。。。(→しかし、これは、少し想定外でした)

10の位は1つの差だと思いこんでいたので。。。

正面突破!お好み焼き屋で結婚について両親に打ち明ける

考えに考えましたが、正面突破以外に思いつきませんでした。。。とりあえず、「相談したいことがある」などの名目で、親とお好み焼き屋にいったのを覚えています。(実家、関西)

私:「ちょっと、話があるねんけど・・・」と、関西弁で切り出す。

私:「実は、結婚をしようと思っている女性がいて、今度紹介したいと思っているんだ。。。」

うちの親は、相当にビビッていました。【は??、こいつ一体、何を言い出すんだ??】みたいな空気が場を支配します。そして、当たり前のことですが、色々と妻のことを聞いてきました。

親:「で、相手は年はいくつなんだ?」

(私:・・・もう、言うしかない)

私:「実は、40歳以上です」(ここ、少し敬語になる。)絶対に、親はぶち切れると覚悟していた。正直、怖かったので、下を見ながら、半分うつむき加減だったと思います。

絶対に、絶対に、親は激怒する!!!!と覚悟していました。

・・・

・・・

ん・・・

あれ・・・

・・・

何も、聞こえない・・・

・・・

何も聞こえない!???

・・・

シーーーンとしている。

・・・

時間が止まったのか?? おかしい!!!!

恐る恐る、ゆーーっくりと顔を上げて、対面に座る親父を見てみました。

・・・

ゆっくりと親父を見てみました。すると、親父は首を上に向けて、口が丸くポカーンと開いていました。

ベストパートナー|【3カ月で結婚】奴隷寸前からの解放02

そう、親父は放心状態になっていたのです。もちろん、目の焦点がうつろになっている。(ヤバイ!!、親父が変になった!)と思い、焦って右に座るオカン(母親)を見ました。

・・・

すると、オカンは、

母:「ウワァッハッハッハッーーー!!!!!!ブワァッハッハッハーーー!!!!!」

と、まるで毒キノコか笑いキノコを食べたのか様な奇声をあげて、笑いだしたのです!! もちろん、お好み焼きにキノコは入っていません。私は一瞬、この状況を理解できませんでした(苦笑) 人間、あまりにもショックなことが起こると、頭が変になると聞いたことがあるのですが、まさにその位の衝撃を打ち込んでしまったのだろうと・・・

私の結婚宣言は、両親の脳を大きくKOさせてしまったのです。→ 実はここまでは前座であり、ここからが本当のテーマなんです。

奴隷寸前からの解放|ベストパートナー

かなり、パンチ力のあるタイトルです。しかし、このプロセスを踏まなければ、絶対にこの結婚は発生しなかったと、そう思うのです。私は結婚の1年前は、仕事に魂を抜かれそうになっていました。

心と魂が繋がっている、私は生まれ変わっても妻と結婚したい

主に夫婦間が離婚する理由として、

  • コミュニケーションのすれ違い
  • 価値観の違い
  • お金や育児方針の違い

が3つの理由があります。総数としては、結婚したカップルの1/3が離婚。最愛の子供が生まれた後に、産後クライシスという夫婦間の危機も実際に良く発生しています。逆に、心や魂に従って生きていると、パートナーもそのあなたに合った人と結ばれる確率が劇的に上がります!!

そうなると、心と魂が繋がっている感覚があるので、ケンカするどころが、夫婦の相乗効果が発生するのです。ちなみに、私は、もし、前世や来世があって、来世も人間に生まれたら、絶対に、妻の生まれ変わりを探して結婚したいです。それほど、妻とは愛というか、精神的な繋がりを感じているのです。

ベストパートナー|【3カ月で結婚】奴隷寸前からの解放03

本当の自分で生きている感覚がなかった過去…

正直私は、妻と付き合う前のことではありますが、彼女と1年間も関係が続いたことがありませんでした。(これはモテてていたワケではなく、今の自分の仕事や人生で方向が決まっていなかったので、付き合う以上の責任を取るのが嫌だったのです)

そして、ダラダラと付き合う位なら、

  • 仕事で成果を出すか
  • 起業などに向けての準備や勉強をしている

方が楽しかったのでしょう。一言でいえば、「自分の中で、自分にOK」が出ていませんでした。そして、仕事で成果を出していても、「本当の自分を生きている感覚ではありませんでした。」

ちなみに、これに似た感覚は私のクライアントさんにとても多いです。

  • 自分が絶対にやりたい仕事に就くまでは、結婚は後でいい!!!

などです。これは最もです! 私はこのような意見を全面的に支持します!

最初に心と魂が喜ぶことをする延長戦上に、パートナーも現れるのです。そして、同時に、本当に自分の道を進めば、ベストパートナーも引き寄せると感じています。また、追記すると、当時、私は彼女と付き合っていても、肉体的なつながりは感じられても、精神的なつながりは無かったと思います。

ソフトな表現で誤魔化しましたが、直球で投げると、

セックスも上辺だけでした。

・・・

ちなみに、この状況を少し説明させて頂きたいのです。

心と心、魂と魂が繋がったパートナーと結婚したいのなら

いきなり、宇宙の話になるので、少し一息ついて下さいね。

・・・

はい、では参ります。宇宙引き寄せの法則であるのですが、(自然界は、同じ周波数の物を引寄せます。)例えば、携帯電話の090-XXXX-XXXXと押せばその電話が鳴ります。もし、番号を1つでも間違えれば、違う人が出ます。

FMラジオでもそうです!

FM85.1をかければ、85.1が聞こえます。しかし、85.2にしたとたん、雑音が入って、物凄く聞きにくくなります。つまり、あなたのエネルギーに合った人が、目の前に現れてくるのです。自分が心と心、魂と魂が繋がったパートナーと結婚したいなら、自分の心と魂の声に従って生きる必要があるのです。

なので、僕は妻と出会う前に、会社を辞めました。これが、正直、かなり良い方向へ影響しています。(あ、会社を辞めるのを勧めているわけではないですよ!)

会社を辞める英断、最悪にしか思えなかったことが最高になることも…

今は、かなり良くなりましたが、当時の会社は今でいうブラック企業といわれてもおかしくない状況でした。しかし、ブラック企業でも絶対に成果を出したかったので、当時はめっちゃ頑張ったんです!

ベストパートナー|【3カ月で結婚】奴隷寸前からの解放04

日本で1番か2番に売れない地域を担当しましたが、1年半位すると売上が7倍位になり、新規も月間1位とか普通に取れてしまいました。ただ、自分も少し調子に乗っていたのだと思います・・・上司からしたら扱いづらい部下だったのかもしれません。

ちょっと、ダークな話になりますが、会社員の時に人格を否定されたと思った出来事がありました。営業から社内勤務になってしまい、みなし残業代の40,000円が、いきなり無くなりました。実際、もっと残業していましたが(笑) その上に、もう一度、人間性から鍛えなおす的なことを言われてしまいました。。。

この時の上司は、仕事は物凄く出来るのですが、致命的なことがありました。

「社内の女性に手を出すことを、みんな知っていたのです」

おそらく、当時は30人位の支社の内、2人は現彼女や元彼女だったのです。

しかも、他に数人から、「あの人から誘われて、怪しい雰囲気を感じた」的なコメントを聞いたことがありました。当時、毎月40,000円も給料がいきなり減ったので、毎月赤字になりました。その上・・・社内の部下の複数の女性に手を出すような人に、

「人間性がどうとかを言われるのは、我慢できませんでした!!」

こんなのは、絶対にありえない!!

ここで、会社を辞める英断をしたことが本当に良かった!!

もし、万が一ここで、魂を売りながらも、彼の下で人間性を鍛えなおすことを享受していたら、「オスとしての本能」を失うだけでなく、無意識に「社内の部下に手を出す男性より、オレは人間的に下なんだ!!」というレッテルを認めることになってしまうからです。

こんな風に書けば格好は良いのですが、、、実際は、

  • 毎月、給料もらっても、2万位弱赤字決定!!
  • 人間的に終わっていると感じた人から、人間性を指導さえる恥辱に我慢できなかった!!

ということで、正直、毎月自腹を切る奴隷にしか、思えなかったのです。(今になると、社員にお給料を毎月出すことが、どれだけ素晴らしいことか分かるのですが)本当に我慢できなかったら、退職するのも1つの手だと思います。だけど、従属する場合でも、ゲーム感覚で仕事を取り組む位で丁度良いだろうと思います・・・

そして、この話には少し後日談があります。この上司が、私が退職する1週間位前に、二人で飲みにいかないかと誘ってくれました。正直、かなり嫌だったのですが、もう最後だと思い、一緒に飲みにいきました。最初は当たり障りの無い会話をしていたのですが、最後の方にこの上司がこんな話をしてくれました。

「俺も本当は、お前みたいに自由に仕事したかったんだ!!」

「本当は、お前を手元に置いておきたかった!!」

今、書いていて少し泣きそうになりました・・・

当時の自分の器では、

「え、今さら言われても!!! 俺、もう退職届だしてもうたやん!!! もう1ヵ月、早く言ってよ!!!」

としか思えませんでした。だけど、お世辞もあったかもしれませんが、少し本音もあったのだと思います。みんな、本当は、自分らしく生きたいのだと思います。(注:実際の魂の解放コーチングでは、ソフトに丁寧に進めますよ)

当時は、嫌で嫌で仕方なかったのですが、あそこまで否定してくれたから、逆に会社を辞める踏ん切りがつきました。また、仕事だけでなく会社で沢山掃除も取り組んでいたので、その副産物として、掃除機・トイレ掃除が好きになってしまいました(苦笑)妻は、喜んでいると思います。

そして、あのタイミングで辞めたからこそ、妻と出会うことができたのです。最悪にしか思えなかったことが、実は最高に繋がることもあるのです。だから、もしかすると、あなたも・・・今の状況が辛すぎると感じることもあるかもしれません。今は辛いかもしれませんが、いつかそれは宝物になる可能性を秘めています。

次回予告|初対面は、お互い変な人

さて、次回、いよいよ妻との出会いについてのお話です。

  • 「初対面の印象は、変な人・・・」

また、今回もコメントなどあれば是非、ブログやフェイスブックにご記入頂けると嬉しいです!

どうもありがとうございました。

 

PS:もっと知りたい方は、こちらのメルマガからどうぞ。

“本来の自分”と、ベストパートナーを引き寄せる秘宝

1,500名以上が購読しているメルマガの登録は、こちら から