恋愛の男性心理|男性からしかわからない、男性心理とは?

こんにちは、藏本(くらもと)です。

今日はあなたに恋愛の男性心理に関する、小さなtips (ヒント)をお伝えします。それは男性視点でしか分からない、恋愛の男性心理についてです。

恋愛の男性心理|男性からしかわからない、男性心理

以前、ある女性の方からこのような相談を頂いたことがあります。

「彼氏が、デートでお店を予約してくれたんです!!」

と、ここまでは最高だったのですが。。お洒落で、雰囲気の良いお店!を期待していたら、、、

フタを開けてみると・・・実際は、こんな感じのお店でした。

・内装に昭和の香りがする・・・

・ちょっと、古臭い・・・

・周りは、おじさん達、同士がお茶したりしている・・・

とりあえず彼氏には、「お店、予約してくれて、ありがとう!!」というものの、本当は、、、

「何だ、この店! 最悪、センスないわ!!!」

と、正直思い、顔は引きつる・・・

【こんな時、どうすればいいですか???】というご質問でした。

 

男性心理を理解し、あなたの要求を伝える

まず、選択肢としてあるのが、この2つです。

①:パートナーに直接文句を言う

②:とりあえず、我慢して、お礼を言う。

それぞれについて説明していきますね。

①:パートナーに直接文句を言う

→ この選択肢をして、

「なによ、このお店??? 最悪じゃないの!! 全然落ち着けないし、ふざけてるの!! あなたって本当に、センスないわね!」

と、こんな風に言うとどうなるでしょうか?? これは、男性のヤル気を大きく損なってしまいます。あなたはスッキリするかもしれませんが、男性は、ガッカリです。。。

男性は怒り返すか、ガッカリしてしまいます。そして、もう次からはレストランを予約してくれなくなる可能性が高くなります。(悲劇・・・)

②:とりあえず、我慢して、お礼を言う。

→ これも、厳しい。あなたは本当は嫌なのに、「レストラン選んでくれたんだ、ありがとう! 嬉しい! 雰囲気も、まぁ、個性的でユニークで素敵ね!」と、ちょっと嘘をつく、もしくは遠回しに表現しても・・・まず、あなた自身が疲れてしまいます。また、勘違いする男性もいます。

男性:「あ、このお店に行くと、喜んでくれるんだ!! じゃあ、次もこういう雰囲気(昭和チック)なお店でデートしよう!」

と、なってしまうのです。こうなると・・・これからずっと、この雰囲気になるかもしれません。ここで大事なのは、「男性を褒めながらも、軽やかに鋭く、あなたの要求を伝えること!!」です。

 

男性心理を理解し、あなたの要求を伝える具体的な3つのポイント

「男性を褒めながらも、軽やかに鋭く、あなたの要求を伝える」、このポイントは、3つあります。

①:出来ているところを認める。褒める。

→ お店は最悪だったかもしれないが、お店を”予約”してくれたことは、合格点!

②:不満があっても、パートナーを責めるんじゃなくて、別の所が不満だという。

→ 「あなたはセンスがない!」、「あなたは私のことをちゃんと考えてくれているの!?」と、相手を攻撃すると、何も良いことはないです。責めるのは、パートナーの人格以外!!!

「このお店の昭和な雰囲気が苦手なの」

「周りに、おじさんが多いのは、苦手なの。落ち着かないの。」

そして、3つ目は・・・

これが非常に大事です。これが出来るかどうかで、パートナーの次の行動が変わってきます。出来ている方は、意外に少ないですよ。

それは、

次の良いイメージを持たせる!

これです。これは、どういうことでしょうか?? 具体的には、このようなことが大事です。

「次は、もう少し雰囲気の良い所がいいわ。そういった場所だと、あなたと、もっとゆっくり話せるし。そういった場所で、ゆっくりとあなたのお話を聞きながら、楽しくご飯を食べたいの!」

という流れで、勝手に次への期待を膨らませてください。

 

男性が喜んで次の行動を起こすために

整理すると、、、

「今回は、お店を予約してくれて、ありがとう! 事前に準備してくれて、とっても嬉しいわ!」(①:出来ている所を認める

「だけど(もしくは、そして)、お店の雰囲気が古くて、おじさんも多いから、ちょっと落ち着かない感じがするの。」(②:パートナーを傷つけずに、自分の要求を伝える!

「次は、もう少し雰囲気の良い所がいいわ。そういった場所だと、あなたと、もっとゆっくり話せるし。そういった場所で、ゆっくりとあなたのお話を聞きながら、楽しくご飯を食べたいの!」(③:次への良いイメージを持たせる!

この3セットが入ってくると・・・男性は、自分のプライドを保てつつ、

「予約して、喜んでくれているんだ! おっしゃ!! ちょっと雰囲気は微妙だったかもしれないが、次はちょっと改善すれば、もっと喜んでくれるぞ!!」と、喜んで、次は雰囲気の良いところを、自ら予約してくれるようになります!

(イメージ図: 外国人に変化してしまった。)

いかにこの良いイメージへと導く(誘導する?)かが大事ですよ。これが男性目線の男性心理です。

以上、藏本(くらもと)でした。

PS:もっと知りたい方は、こちらのメルマガからどうぞ。

“本来の自分”と、ベストパートナーを引き寄せる秘宝

1,500名以上が購読しているメルマガの登録は、こちら から