夜中の電話の男性心理|理想の男性と結婚するための恋のバイブル!

この記事で分かること

  1. 夜中の電話の男性心理が分かるので、あなたは今後、彼の心理が手に取るように分かるようになります
  2. さらに、理想の男性と結婚するための恋のバイブルを身に付けることで、あなたが彼氏に対して間違ったアプローチをする可能性をグッと引き下げることができます
  3. 彼氏から見たあなたの魅力がぐーんとアップするので、彼氏はあなたのことを追いかけてくるようになります
  4. 正直、、かなり多くの文献を参考にしているので、他の記事では手に入れられないヒントをあなたは手に入れることができます

夜中の電話の男性心理|理想の男性と結婚するための恋のバイブル!

それでは、「夜中の電話の男性心理|理想の男性と結婚するための恋のバイブル!」を見ていきたいと思います。この記事では、大きく2部構成であなたに男性心理についてお話ししていきます。

第1部は、男性が夜中に電話をする男性心理についてお伝えします。つまり知識です。

そして、第2部では、恋のバイブルを元に、あなたがどのようにすれば、結婚や恋を成功させることができるのか? というノウハウです。恋のバイブルを元にした、ノウハウも知ることができるので、この記事を読み終わった後のあなたの恋愛力は確実に上がっていることをお約束します。

それでは、このまま読み進めてください。

 

男が電話をする男性心理1、ほろ酔い時の電話は脈ありサイン

「そろそろ寝ようかな」と思っていた時に、突然iPhoneがブルブル鳴った…「誰だろう?」と思って見てみると、ちょっと気になるカレからの着信…出てみると、相手は少しほろ酔いで、特に用事はなかったという。悪い気はしないので、話し込んでいたら、気づいたら1時間経っていた。

このようなケースの場合、相手の男性は気づいていなくても、確実にあなたに気がある、つまり脈ありのサインだと思って間違いないでしょう。脈ありのサインとは言っても、まだまだ少し好意を寄せている段階と捉えた方が間違いはないでしょうけれども。

これは、男性の脈あり行動5つを男性心理とともに解き明かす|恋愛の男性心理という記事に書いてあることです。

そもそも男性は、なんとなくで女性に電話をすることなんてありません。「あなたと話したい」「一緒の時間を共有するのが心地よく感じている」「声を聞くと落ち着く」だからこそ、あなたに電話をかけてきているのです。

 

男が電話をする男性心理2、出張中にかかってきた電話

出張中に電話がかかってきたら期待大だと思ってもらってよいです。なぜなら、出張中というのは、いつもの生活から離れて、物理的にも精神的にも寂しい状態だから、癒しを求めたいのです。つまりそんな状態の男性からの電話というのは、あなたに癒しを求めているというサインになります。

ですので、もしそんな状態で電話がかかってきたら、心地よく話ができるように心がけましょう。相手からかかってくる電話が多くなればなるほど、本物の恋愛に発展する可能性は高くなります。

 

男が電話をする男性心理3、特に用もなく電話がかかってきた

男が電話をする男性心理1でもお伝えしましたが、そもそも男性は、なんとなくで女性に電話をすることはほぼありません。度合いはあれど、あなたのことが気になっているからこそ電話をかけてきているのです。

 

それでは、ここからは私が男性たちに対して独自にリサーチした結果をお見せしましょう。

夜中に男が電話をする男性心理事例1、人肌が恋しくなって

【彼女に気はありましたか?】

はい

【ぶっちゃけその彼女とエッチしたかったですか?】

はい

【なぜ夜中に女性に電話をかけていたのですか?】

男の性欲は10代がピークのように思われがちですが、30歳手前になると子孫繁栄のせいか分かりませんがまた性欲が上がる気がします。なので夜一人でいると何となく寂しいというか人肌が恋しくなってつい会いたくなってしまって電話をかけてしまいました。あわよくばお互い夜に起きていてきっかけになって会ってエッチできたら良いなという下心も正直あったと思います。

【特に用もないのに、気がない女性と電話しますか?】

しません。気がないってことは仲良くしたくもないしただ単にエッチしたいわけでもないので時間の無駄にしか思いません。

【夜中に電話をかけてくる男性の心理を知りたいという女性の方へアドバイス】

本当に相手のことが好きで思いやりのある人だったら夜中に電話はしないです。こんなに想われているんだ、なんて勘違いはしない方が良いと思います。絶対ではないと思いますが、大抵暇だったり人肌恋しくて下心があるから電話しているだけだと思いますので気を付けて下さい。

(男性:28歳/人材サービス/情報システム管理)

夜中に男が電話をする男性心理事例2、あなたの声を聞いて、癒やされたい

【彼女に気はありましたか?】

はい

【ぶっちゃけその彼女とエッチしたかったですか?】

はい

【なぜ夜中に女性に電話をかけていたのですか?】

彼女にしたいという気持ちがありました。仕事中には細かいことは、なかなか聞けませんので、彼氏がいるのか?とか、何が好きなのか?とか、いろいろ情報収集して、行けそうならデートに誘おうと思っていました。

【特に用もないのに、気がない女性と電話しますか?】

しません。

【夜中に電話をかけてくる男性の心理を知りたいという女性の方へアドバイス】

夜中の電話は、LINEやメールとは、明らかに気持ちが違います。暇つぶしで電話はしないと思います。彼女にしたいという、割と強めの気持ちがなければ、電話はしないと思います。個人的には男女の友情はないと思っているので、友達として女性に対して電話はしないです。夜中の電話は異性として電話をしているのです。あなたの声を聞いて、癒やされたい。あなたと話をして、一日を終わりたい、明日への活力にしたいのです。

(男性:30歳/アパレル/店長職)

夜中に男が電話をする男性心理事例3、彼女のことで頭がいっぱいになって

【彼女に気はありましたか?】

はい

【ぶっちゃけその彼女とエッチしたかったですか?】

はい

【なぜ夜中に女性に電話をかけていたのですか?】

毎日のように職場で会っていたのですが、徐々にその女性の事が気になり始めている自分がいました。その日は、夕食を済ませてお酒を飲んでいたのですが、彼女の事が頭の中でいっぱいになり「話がしたい」「声が聴きたい」という気持ちが強くなってしまいました。夜遅くに失礼だと思いましたが、お酒の勢いも手伝い、思い切って電話をしてみました。 泥酔していたわけではなく、ほろ酔い程度で、意識もしっかりしていました。

【特に用もないのに、気がない女性と電話しますか?】

しません。

【夜中に電話をかけてくる男性の心理を知りたいという女性の方へアドバイス】

夜中に電話をかけてくる男性は、その女性に対して好意を持っているはずです。もちろん誰にでも、何時でも電話を掛けるタイプの男性以外という事になります。その男性が、真面目で女性に不器用なタイプだったら、ほぼ間違いなく、告白したいほど好きな気持ちが強くなっているでしょう。

(男性:33歳/商社/営業職)

夜中に男が電話をする男性心理事例4、夜の方が本音を語りやすいから

【彼女に気はありましたか?】

はい

【ぶっちゃけその彼女とエッチしたかったですか?】

はい

【なぜ夜中に女性に電話をかけていたのですか?】

夜のほうが本音を語りやすいから。相手もお酒を飲んでそこそこ酔っぱらっている場合、踏み込んだ話もしやすいと思います。昼間できない話を夜にできることも利点と言えるのではないでしょうか。

【特に用もないのに、気がない女性と電話しますか?】

します。

【夜中に電話をかけてくる男性の心理を知りたいという女性の方へアドバイス】

男性は会社の人間関係につかれた場合、女性の声を聴きたくなるものです。そうすると安心する男性も多いと思います。孤独で寂しい思いをしている男性は結構います。それを受け入れるだけの包容力を持った女性が好まれるのではないでしょうか。受け入れてくれる女性がいるならば、男性もその女性のために明日からも頑張ってみようと考えるはずです。

(男性:30歳/金融)

 

理想の男性と結婚するための恋のバイブル電話編

それでは、ここからは「理想の男性と結婚するための恋のバイブル電話編」ということで、あなたにガッツリ「恋のバイブル」、ノウハウを大公開したいと思います。もし、あなたも彼に気があるのなら、この「恋のバイブル」を知らないのはあまりにも危険です。

 

恋のバイブル電話編1、こちらから電話をかけないこと

あなたが恋の法則を真面目に実践するのなら、こちらから電話をする必要はありません。これは全世界でベストセラーとなった、恋のバイブル「THE RULES」(邦題:ルールズ〜理想の男性と結婚するための35の法則)に書いてあることの中で、最も基礎的なルールの1つです。

追いかけてくる男性心理という記事(Google検索で1位)で、紹介していることもこのルールに沿っているのですが、電話をこちらからするということは、「男性を女性側から追いかけてしまうこと」と同じことになってしまい、ルール違反となってしまいます。男性は、あなたが彼に対して気があるということを察知してしまい、気持ちが冷めてしまう可能性があります。

また、彼が電話をするという気分ではなかった時に電話をしてしまったとしたら? 当然彼は電話をなるべく早く切ろうとするでしょうし、そんな態度を取られたあなたはきっと不安な気持ちになると思います。こうしてあなたにストレスが溜まると、さらに電話をかけたくなって、こちらから何度も電話をかけ続けてしまい、「恋のバイブル」を破り続けることになってしまうのです。

なので、こちらからは電話をかけないこと。これは「恋のバイブル」、ルールなのです。もちろん、デートの約束の日時などの変更など、本当に必要なことがある時は別ですが。「THE RULES」では、留守番電話に「返事がほしい」と入っていても、折り返してはいけないという徹底ぶりが書かれています。

「THE RULES」は1995年に初版が発刊された本で、20年以上も前の本で、普遍の法則が書かれていますが、これは、単に「電話」だけではなく、メールやLINEなどにも同様に置換・応用できそうですね。

「しかし、、、本当にそれでいいのか? 『返事が欲しい』と言っているのに、返事をしないなんて、、、」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

もしそうなら、あなた自身が返事ができないぐらい「本当に忙しく」してみてください。これは「夢をかなえるゾウ」、「LOVE理論」など有名(伝説?)の書籍を書いている水野敬也さんは書籍「スパルタ婚活塾」(中谷美紀さん主演のドラマ「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」の原案本)に書いてあることでした。

結婚の男性心理|男性心理で結婚したいと彼氏が思う女性の4つの特徴の記事にも書いていますが、男は駆け引きが嫌いです。駆け引きをされると男性は「疲れて」しまったり「メンドイ」と感じてしまったりするのです。なので、駆け引きは基本的にはNGです。

駆け引きをする女性を男は嫌います。駆け引きとはつまり、押したり引いたりすることです。この「駆け引き」は男にとっては非常に疲れるのです( ; ; )

特に仕事が忙しい男性に対して、絶対にやってはいけないのが、恋愛の駆け引きです。これをやってしまうと、「仕事に集中できない」ので、あなたは「仕事の邪魔をする女」になってしまいます。

まぐまぐ大賞2008の恋愛・結婚部門で第1位に輝いた恋愛カウンセラーのマーチンさんも「過去に一度も、「駆け引きをして幸せになりました」という話は聞いたことがない」と言っています。「16年以上恋愛に関する相談を毎日受けていても、駆け引きで、デートができたという話は聞いたことがあっても、幸せになれたという話は皆無」だと言います。

ベストセラー作家・里中李生さん(かなり辛口な方です)も「駆け引きをして手に入る男は、凡庸な男しかいない。仕事よりも恋愛と思っている社会の役立たず」だと言っています(苦笑)

駆け引きとはつまり嘘なので、嘘はいつかバレてしまいます。つまり「どうせ、暇な癖に、返事すらくれない嫌な女」になってしまう可能性もあるということ!なのです。

でも、「恋のバイブル」には「こちらから電話をかけないこと」と書いてある。。。でも「忙しくもないのに返事をしないのもいかがなものか、、、?」

この矛盾を解決するのが、「本当に忙しくする」だと言っているのです。本当に返事が遅くなってしまうぐらいたくさんの予定を入れ、いつもメールをくれるような男性の知り合いをたくさん作る。

これが結果として、男性が女性を追いかける構図をつくることができるのです。これが水野さんの提唱する「AKKKNM理論」です。(なぜ、AKKKNM理論なのか、という細かいことが気になった方は、ぜひスパルタ婚活塾を読んでみてください^ ^)

 

恋のバイブル電話編2、10分以上話をしないこと

「彼から電話がかかってきても、10分以上話をしないこと。もし必要ならタイマーを買ってください」

これまた、恋のバイブル「THE RULES」に書いてある「男性が追いかけてくるルール」です。なぜ、10分以上話してはいけないのか? 分かりますか? 恋のバイブルの本質は変わらないので、すでにピンと来ている方もいらっしゃるかもしれませんね^ ^

そうです、「話しすぎると男性が満足して飽きてしまう」からです。女性はもともと話好きなので、きっと感情に任せて1時間でも2時間でも長電話できてしまうでしょうが、それは彼に飽きられてしまうリスクを上げることになってしまいます。

これは、私がセミナー講師として話していた時に参加者の男性が大きく頷いて共感していたことであり、「THE RULES」に書いてあることでもあるのですが、「女性は常にミステリアス」でなければなりません。間違ったアプローチをしている方が意外と多いのですが「あまりに短期間のうちに自分をさらけだしてしまう」のはリスクでしかありません。

なので、10分以上話をしてはいけないのです。

「電話してくれて、ありがとうなんだけど…」

「ちょっとやることがあって…」

「今、ちょっと手が離せないことがあって…」

このように上手に、かつ大胆に会話を打ち切ってください。例え、その10分でものすごく会話が盛り上がっていたとしても、です。

「そんな…突然電話を切ったら、彼は腹を立ててしまうかもしれない」と思われるかもしれませんが、実際には逆のケースの方が多いのです。例えば、あなたがちょっと謎めいているので、男性はあなたをもっともっと知りたいと思い、「デートの申込回数が増えた」とかいうことが事例としてあります。

あなたが、気持ちの優しい女性であれば「恋のバイブル」はちょっと残酷だと思うこともあるかもしれませんが、男性にとっては好ましい状況を作り出しており、彼はもっともっとあなたとの電話やデートに時間を費やしたいと願うようになります。

嘘だと思ったらぜひ試してみてください。

間違っても、電話で呼び出されて簡単に駆けつけるようなことをしてはいけません。「未婚のプロ」と自身で言っているジェーン・スーさんの「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」の中にもこのように書かれています。

「女が男の気まぐれな欲求に応えていくと、まず彼らは「ここまでやっていいんだ」と自分勝手にふるまう行動の幅を広げていきます。次に、この女に『簡単な女』『安い女』という認識を持ちます。そうなったら最後、他の男に好きな女を取られない専属契約=プロポーズに踏み出すわけがない。呼び出されるたびにすぐ駆けつける女は、どこかで無理をしているはずです。そして、無理をしている以上は、必ず見返りが欲しくなる。勝手に新設を貸しつけ続ける女は、一生換金できない不良債権をせっせと作り続けているようなもの」

とね^ ^

 

まとめ:夜中の電話の男性心理|理想の男性と結婚するための恋のバイブル!

ここまで、「夜中の電話の男性心理|理想の男性と結婚するための恋のバイブル!」について見てきました。いかがでしたでしょうか? 前半では、ほんのいくつかのケース別に男性心理を見てきましたが、いずれにしても男性が夜中にあなたに電話をかけてくるということは、あなたに気があるということです。

そして、もしあなたもその男性に気があるなら、後半でお伝えした「THE RULES」「恋のバイブル」をぜひ参考にしてみてください。

ポイントは、「ミステリアスな女」で居続けるということです。つい、自分のことを話すぎてしまう人がいますが、恋愛中においては、自分のことを話過ぎず、男性に「もっとあなたのことを知りたい」と思わせることが、男性から追いかけてくる状態を作るコツです。

さらに深く男性心理を知りたいという方は、本メディアの男性心理に関する他の記事も参考にしてみてください。私がこれまで恋愛や婚活のコーチングをしてきた中で、お話ししてきたことを特別に無料で書いています。

彼氏との結婚をグッと引き寄せるテクニックということですと、はこちらのライバルが出現した時の男性心理という記事で紹介しています。

また、こちらの2,000名以上の方に購読されているメルマガでは、ウェブではちょっと書けないような秘密を暴露しています。

もっと知りたい方は、こちらからメルマガの登録をどうぞ。