【LINE】返信が遅いけど続く男の心理や対処法を解説

LINEの返信がなかなかこない。だけどやりとりが続く…

  • いったいなにを考えているの?
  • 進展させる気はあるの?
  • 脈ありか脈なしか知りたい

男性にこのように思ったことはありませんか? 気になっている男性であれば、返信がこない時間はソワソワしてしまいますよね。

この記事では、LINEの返信が遅いけどなぜか続いている男の心理や、脈あり脈なしサインなどについて解説しています。 返信が遅いけどやりとりが続く男性にはさまざまなパターンがあります。

男性心理を理解して、脈あり脈なしなどの見極めができることで次へ進めますよ。

LINEの返信が遅いけど続く男の心理3つ

女性は連絡がマメな人が多いので、LINEの返信が遅いけど続く男性がなにを考えているかわからないですよね。

ここでは、そんな男性の心理を以下3つ解説しています。

  • なんて返せばいいかわからない
  • 好きだから慎重になりすぎている
  • 忙しくて返せない

なんて返せばいいかわからない

会話を楽しむ女性と違って、会話に目的意識をもっている男性は、薄い内容にはなんて返したらいいかわからない人が多いです。

たとえば、女性が送りがちな「今日は〇〇を食べたよ〜」などの日記のような内容だけでは「へぇ〜」くらいしか思わず、返信内容に悩んで「ま、あとでいっか」と考えてしまいます。

LINEでの日常会話に慣れていない男性であれば、日記のような内容を送っていては返信は一向に早まりません。 日記のような内容を送るとしても「〇〇でランチをしたんだけど、美味しかったから今度一緒に行かない?」など返信しやすい内容にすると返信スピードが上がるかもです。

好きだから慎重になりすぎている

あなたのことが好きだからあれこれ文面を考えすぎているのかもしれません。

「これを送ったらどう思われるかな」などと考えてしまい、結果的に返信が遅くなっています。

また、「即レスしたいけど早すぎたら引かれないかな」「テンポよくやりとりをしてその日のうちに終わってしまったら」と考えて時間をあけている可能性もあります。

忙しくて返せない

仕事や趣味に忙しくて返せないことは男性によくあります。

「それでもちょっとの合間をぬって返せるでしょ?」と思うかもしれませんが、男性は女性と違ってシングルタスクなので同時に複数のことをこなすのが苦手です。

男性が仕事中のときは「今は仕事に集中しているんだ」と切り替えましょう。

LINEの返信でわかる脈ありサイン

返信は遅いけど、やりとりが続くのであれば脈ありの可能性は十分あります。

とくに、相手からの積極的なアクションがあれば期待値は高いでしょう。 LINEの返信でわかる脈ありサインをみていきましょう。

相手から話題を振ってくれる

自分からばかりでなく、相手からも積極的に話題を振ってくれるのであれば、脈ありの可能性が高いです。

なにも思っていなければ、会話が終わりそうなところでスタンプだけの返信や既読無視が一生続くでしょう。

時間がかかっても相手から会話を広げてくれたり、質問をしてくれたりするのであれば、あなたに好意を抱いているかもしれません。

デートに誘われる

デートへ行こうと誘われるのは脈ありサインの一つです。

男性の中には、好意はあるけどLINEでは業務系の連絡だけしたいと考える人がいます。

遅い返信の中でも「今度〇〇へ一緒に行かない?」などと直接会いたがる内容のメッセージがくれば脈ありでしょう。

そういった男性はメッセージ回数を重ねるよりも直接会う回数を重ねたほうがより仲良くなれますよ。

LINEの返信でわかる脈なしサイン

やりとりは続いていても、イマイチ盛り上がらないなど、もともとマメそうな人であれば脈なしの可能性が高いです。

LINEの返信でわかる脈なしサインをみていきましょう。

SNSには投稿している

自分とのLINEには返信してこないのに、SNSへ投稿しているのであれば脈なしかもしれません。

LINEの返信の方は忘れているだけの可能性もありますが、あなたとのLINEはそれほど重要視していないということです。

そもそもSNSへ定期的に投稿してる男性はマメな性格。 それなのにあなたへの返信が遅いのは適当に返しているか、フェードアウトを狙っている可能性が高いです。

スタンプのみの返信

1番分かりやすい脈なしサインとしてスタンプで終わらされる、というものがあります。

いつもあなたから送るばかりで会話の途中なのにスタンプでごまかされてしまったり、既読がついてから返信がこなかったりするのであれば、あなたには興味がないのかもしれません。

少しでも気があれば、なにかしら文章での返信はあるはずですが、興味のない人からであれば返信を適当にしてしまいます。

LINEの返信が遅いけど続く男へのNG行動

返信が遅いと自分からなにか行動したくなりますが、それによって相手に悪い印象を与えてしまうかもしれないので、気をつけましょう。

LINEの返信が遅いけど続く男へのNG行動をご紹介します。

追いLINE

返信が返ってこないからといって追い打ちをかけるようなLINEはやめましょう。

男性側は返信を催促されているように感じてめんどうな女だと思われてしまいます。

「あとで返信しよう」と思っているときに追いLINEをされると、返信する気持ちも冷めてしまうかもしれません。

長文LINE

スクロールしなければならないほどの長文LINEは読むのも返信するのも大変なので、ひかえましょう。

普段からお互い長文でやりとりをしているなら別ですが、そうでなければ余計返すのがめんどうと思われてしまうかもしれません。

「返信が遅いので1度にたくさん伝えたい」と思っても、返信の遅い人へは逆効果。

LINEの返信が遅いけど続く男への対処法

では、返信が遅いけど続く男性にはどのように接するのがいいのでしょうか。

2つの対処法をご紹介していきます。

彼が返信しやすい時間帯を狙う

返信はだいたいいつも仕事終わりに返ってくるなど、彼の返信しやすい時間帯がつかめてるのであれば、その時間を狙いましょう。

タイミングが合わなかっただけということもあるので、彼がLINEしたいタイミングであなたがLINEをすればたくさんやりとりができるかもしれません。

また、朝や昼はひかえて夜だけテンポよくたくさんLINEしたいと思う人もいるので、様子をうかがってみましょう。

連絡頻度を落とす

自分からの連絡頻度を落とすことで

「もしかして他にいい人できた?」

「もしかして俺のこともう好きじゃない?」

と相手を不安にさせることができます。 その結果、返信速度が早くなる場合もあります。

しかし、相当消極的な相手なら「もうダメかも」とネガティブな方向にいってしまうこともあるので、相手の性格によってこのテクニックを使うかは判断しましょう。

【まとめ】LINEの返信が遅いけど続く男には見極めが必要

LINEの返信が遅いというだけで脈なしだと判断するのは早いです。 少なくともLINEは続いているので、そこはポジティブに捉えましょう。

返信が遅いけど続く男の心理を理解して、脈ありか脈なしかの判断ができることで、彼との関係を進展させるか、他の相手にも目を向けるかが決められます。

また、男性によっては夜だけテンポよくやりとりしたい人や、メッセージは苦手だから電話やデートの方がいいなどさまざまです。 彼の好みを見極めてLINEのやり方を考えましょう。

 

「本来の自分で、ベストパートナーを引き寄せる」方法を「メルマガ」で配信しています。

6,000名以上の方に購読されているこのメルマガでは、ウェブではちょっと書けないような秘密も暴露しています。

もっと知りたい方は、こちらからメルマガの登録をどうぞ。