プロポーズしてくれない男性心理!恋愛コーチが徹底解説!

「長年付き合っている彼が、プロポーズしてくれなくて…不安」

「そろそろ、結婚へのプレッシャーに押しつぶされそう。」

「結婚するのか、結婚しないのか、はっきりしなくてイライラする」

このままいけば、長く付き合っている彼と結婚するのかな…なんて淡い期待をしつつ、「プロポーズしてくれない彼」に不安になったり、イライラしたり…

もしかしたら、こういった悩みの解決策を探して、この記事に辿り着いたのではないでしょうか?

この記事では、

  • 彼がプロポーズしてくれない理由
  • どうしたら彼はプロポーズしてくれるのか?
  • 彼にプロポーズさせる方法
  • 【実践!超具体的な方法】彼にプロポーズさせる方法
  • プロポーズの成功事例

をお伝えします。

この記事を読むことで、あなたの「彼」がプロポーズしてくれない理由と、プロポーズさせる方法、超具体的なプロポーズさせる方法、成功事例などが分かります。しかも、ここで知れるのは、男性から見た男性心理にもとづく、プロポーズさせる方法です。

彼がプロポーズしてくれない理由を知ろう。

男性は「○○を決められない」生き物って知ってました?

そう実は、男性は「結婚を決められない」…優柔不断な生き物なんです。そんな男性が結婚に踏み切れない理由とは…?

  • 将来への不安が強く、踏み切れない
  • 現状維持の気持ちが強い
  • 結婚に良いイメージが持てない など…

これらを詳しく見ていきましょう。

1.将来への不安が強く、踏み切れない

男性には未知の世界である「将来」への不安が付きまとってきます。詳しく紐解いていくと…自分への不安と相手への不安、という2種類があるんです。

自分への不安「お金がない」

男性が将来への不安が強く、結婚に踏み切れない理由として、単純に「お金がない」という場合があります。男性は「結婚したら家族を養わねばならない」と、強い責任を感じる側面が大きいため、今の収入やこれからの金銭面を考えて、一歩踏み出せずにいるのです。

「今の仕事で成果を出して、昇進したら…」

「もっと給与の良い仕事に転職したら…」

など、お金の不安が解消できるタイミングまでは、結婚をためらう傾向にあるのです。

相手への不安「彼女の浪費癖が…」

男性は、彼女に「浪費癖」があると、自分自身が一生懸命稼いでも「水の泡なのでは…?」と不安に感じやすいです。付き合い立てはいいかもしれませんが…長年連れ添うと考えたら、懸念事項になりかねません。

家庭を支える「大黒柱」になる可能性が高い男性にとって、稼いできたお金をジャブジャブ使われては…たまらい、という気持ちになるのもわかる気がしませんか?

2. 現状維持の気持ちが強い

結婚は、2人の関係だけでなく、周囲の環境まで大きく変わりますよね。その不安にも、自分自身の変化と環境の変化、2つの側面があります。

自分自身が変わるのが不安 「自由な時間が奪われてしまうかも」

男性はどこまでも「少年」である、とはよく聞く話ですよね。独身であれば、趣味や交友関係に時間をたくさん使えます。結婚を期に家庭の時間が増え、自分の時間が減るのでは…と考える男性も多いのです。

また、男性は結婚すると「お小遣い制になる」「金銭面が厳しくなる」と予想してしまうのです。そういった意味でも、自由に趣味や交友を楽しめなくなるのは「ちょっとだけ嫌だな」と思ってしまうんですね。

環境が変化するのが不安 「いまさら結婚する意味がわからない…」

長年お付き合いをしてきた、またはすでに同棲をしているカップルの男性に多いのですが、現状に満足してしまっているパターン。

わりとよく聞く話ですが…同棲していると尚更ですが「ほぼ結婚しているような状態だし、いまさら結婚なんて…」と考える男性がほとんどなんです。

結婚という次のステップに進む意味が見いだせなくなってしまいます。「長年付き合っている」「同棲している」という妙な安心感から、現状維持で満足してしまい「結婚のタイミング」を完全に逸するのです。

3. 結婚に良いイメージが持てない

「結婚」自体にプラスのイメージが持てない。という男性がいるのも事実です。これまでに上げてきた理由もきっかけにはなりますが、自身の育った背景が影響することもあります。

自身の過去が不安要素「自分の親が離婚していて、結婚に良いイメージが持てない」

これは、男性の家庭環境が大きく影響する部分となります。愛情を注がれなかったり、家庭環境が不安定だったり。背景はさまざまですが…

結果として、自分が親になったら、どうやって家庭を築けばいいのかわからない…。というように、トラウマからくる苦手意識から、結婚に不安を抱えがちです。

結婚となると、相手の女性だけではなく、生まれてくる子供にも大きくかかわる事ですよね。自分自身に家庭を築く自信がないと、結婚に踏み切れないこともあります。

彼女自身が不安要素「今の彼女と幸せになるイメージが持てない」

付き合いが長く、仲が良くて、安定していたとしても…「彼女への懸念事項」を持っている男性もいます。

女性側が気にしていないような「家事が出来ない」「味付けの趣味が合わない」「時間にルーズ」など、些細なことが不安要素になることも。

付き合いが長くなってきたからこそ、今さら言えないけど…なんてこともあるかもしれません。その相違点が、男性にとっては「本当に彼女と結婚して幸せになれるのか…?」とネックになっているかもしれません。

 

…いかがでしょうか?ここにあるものは一例で、彼によってそれぞれ悩みがあると思います。

「男性がプロポーズしてくれない」理由を見てみると、そんな些細なことで…?と思うことから、ちょっと根が深そうなものまでありましたね。あなたの彼に当てはまりそうな理由はありましたか?

こういった「プロポーズしてくれない」理由を乗り越えて、プロポーズしてもらうには、どうしたらいいのでしょうか?

「逆プロポーズしちゃえばいい…?」と思う女性もいれば、「やっぱり彼からプロポーズしてもらいたい!!」と思う女性もいるはずです!

男性心理を理解したうえで、どうすればプロポーズしてもらえるのか?? 考えていきましょう♪

どうすれば彼はプロポーズしてくれるのか?

彼が「結婚しよう」と言ってくれない原因がなんとなく見えてきました。

「それでも、気長に彼の気持ちが変わるのを待ってよう…」と思う方も「そんな理由で結婚してくれないなんて!!」と怒ってしまいそうな方も…いるかもしれません。

自己解決してしまう、その前に、彼の不安と正面から向き合ってみませんか?

どうすれば彼がプロポーズしてくれるのか?の対処法を例題を使って、お伝えます。

まずは、彼がプロポーズしてくれない理由を振り返ってみましょう。

  • 将来への不安が強く、踏み切れない
  • 現状維持の気持ちが強い
  • 結婚に良いイメージが持てない

それぞれの理由には「彼自身の課題」と「2人の課題」という2つの側面がありましたね。2人で解決できる課題は、話し合ってみることをオススメします。

彼と一緒に解決策を模索していくうちに、彼の課題だと思っていたことも、2人なら解決できる!…なんてこともあるかもしれません。

【例題で考える】彼の結婚への不安に2人で向き合ってみよう

「お金がない」という不安を例に考えてみると…2人で「結婚に必要なお金と、将来の生活水準のすり合わせ」を行ってみてはいかがでしょうか?

2人で話し合ってみると…お金がないと不安に思っている彼は「自分一人で結婚費用をどうにかしなくては」と思い込んでいると分かりました。では、なぜ彼はそのように思ってしまったのでしょう?

実は、彼が「彼女は豪華な式を望んでいる」と勝手に勘違いしていたようです。彼女との過去の会話で「友人の豪華な結婚式が素敵だった」と聞いたことを、彼女の希望だと思い込んでしまっていたようです。

しかし、実際に彼女は…「2人だけで、結婚式をしたい」という希望を持っていると分かりました。

「豪華な結婚式」にしたいのか。「2人だけの結婚式」にしたいのか。または「結婚式は挙げずに新生活に向けて貯蓄したい」のか…

それだけでも、結婚式費用に400~600万ほどの違いが出てきます。その希望・理想がすり合うだけで、金銭面の不安をぐっと減らすことができますね。また、彼女も一緒に金銭面をサポートすることをアピールして、2人で将来に向けて歩んでいると感じてもらいましょう。

お金の話題を直接するのはちょっと…という場合は、友人の結婚式の規模で伝えてみたり、こんな式が理想だと伝えてみたりするだけでも、いいかもしれないですね。

そして、結婚した後の金銭面を心配していた場合。結婚後に彼は、「自分が病気やけがで仕事ができなくなったら、家族をどう守っていけばいいだろうか…」と考えているかもしれません。彼女が「結婚後も仕事をする意思がある」と彼に伝えてあげるだけで、将来の金銭面の心配が減ることも。

これは一例ですが、彼と一緒に話し合う機会を設けてみてもいいかもしれませんね。真剣な空気になりすぎるのが不安であれば、さりげないおしゃべりの中に織り交ぜてみてはいかがでしょうか。

日々の会話やコミュニケーションの中から、「彼」が、どんな結婚観を持っていて、将来設計をしているのか?を把握しておくことが、結婚への第一歩となりそうですね。

「もう付き合いも長いし、彼のことは大体わかっているんだけど…」

という方も、環境や気持ちの変化で、今までとは違う一面を見つけることが出来るかもしれませんよ。また、この時点で2人での話し合いが「できない」「したくない」という男性であれば、次へ行っても構わないと思います。

彼にプロポーズさせる方法

ここまで、彼の不安材料を2人で解決する方法を見てきました。さらに、プロポーズさせる方法を詳しくお話していきます。

1. 「私はあなたが好き。ずっと一緒にいたいから結婚したい。あなたはどう?」

明るく、彼にこう聞いてみるのはどうでしょう? 意外と男性は、女性の「結婚したい」という気持ちに鈍感で、素直に言葉にしないと伝わらない場合もあります。

また、男性は「プロポーズして断られたらどうしよう…」と考えて、プロポーズを躊躇している。なんてケースもあるのです。

彼女にしたら「態度でわかるでしょ!!」「何年も付き合ってるし、当然、私が結婚したい気持ちわかってるはず…」と思うかもしれません。ですが、意外と男性はナイーブな生き物。断られないと確信が持てなければ動きません。女性側から「プロポーズしてくれたら、YESだよ!」とアピールしておくことも肝心かもしれません。

2. 彼が弱っている時=「良き妻」「良き母」をアピールできる

男性が心身ともに弱っている時。たとえば、

「健康に気を使ってきたのに、急に寝込んでしまった」

「仕事でプレッシャーを感じていて、つい弱音を吐いてしまった」

「一緒に旅行に出かけて、不測の事態に巻き込まれた」など。

普段から頑張っている彼が心身ともに弱っている、ピンチになっている時、ぜひ、心からサポートしてあげてください。

「結婚」をまったく意識していなかった男性も、あなたのその姿を見て、

「家庭をもったらこんな感じかも」

「彼女だったら、これからも家庭を守ってくれるかな」

「良い時も、悪い時もずっと一緒にいてくれるんじゃないか」

と、考えるようになってきます。彼の未来に「良き妻としてのあなた」「良き母としてのあなた」を想像させることができたら、プロポーズに前進する可能性が高まるかもしれません。

3. 未来を想像→実現を具体的に描かせる

そもそも、男性にとって「結婚をした未来」を想像できていない。という場合もあるんです。だからこそ、男性も不安にもなるし、まだこのままでいいかな、とプロポーズが現実的にならないのです。

男性に、より具体的に未来像を想像してもらい、あなたと結婚することで、夢を実現させるメリットがあると実感してもらいましょう。これからの未来像が具体的にするには、さり気なくこの内容を聞き出してみましょう。あなたは「彼と結婚したい」という意思を、彼に伝えたうえで行ってみてくださいね。

  • 彼が思い描く未来像・夢を聞く(結婚に限らず)
  • すべてに期限を決め、叶える方法を考える
  • 彼が描いた未来像を実現するために、あなたがどうサポートできるか伝える

単語でもいいので「子供は3人」「マイホームを持つ」「出世する」など、具体的に想像させるのが大事。(紙に書き出せると、より効果抜群です!)

そして「未来像」という夢から逆算した時に、私がどうサポートできるのか?を伝えてあげましょう。すると、未来像を実現するためには「彼女と一緒にいる事にメリットがある」と明確に見え始めます。

この手順によって「夢に向かって2人で歩む姿」がより鮮明になり、結婚への後押しになります。

【実践!超具体的な方法】彼にプロポーズさせる方法

ここまで、彼がプロポーズしてくれない理由、その理由を解消し、プロポーズに導く方法をお伝えしてきました。が、正直、こんな長期戦まっていられない!!!

「もう、今すぐにでもプロポーズしてほしい!!」(年齢的なこともあるし、親のプレッシャーもあるし)

という女性へ「彼にプロポーズさせる、超具体的な方法」をお伝えしちゃいます。これ、本当に最終手段です。ですので、女性にも「覚悟」がいります。

【実践!超具体的な方法】彼に危機感を与え、プロポーズさせる。

なかなかプロポーズしてくれない彼に、こう伝えましょう。

「私はあなたのことを大切に思っています。そしてもしあなたが進めてくれるのであれば、私はあなたと結婚したいと思っています。ですが、もしあなたが先に進むことを決めてくれない場合は、私は別の男性と先に進もうと思います。私自身は、半年後には結婚したいと思っているので、3カ月以内には、あなたがどうしたいのか、返事してください。じゃあ、お返事待っていますね。」

こう伝えると、彼は悩むかもしれませんが、数か月後には返事をくれます。この内容を伝えるだけで、彼の「結婚スイッチ」を押すことができるのです。

正直、こう伝えた段階で「ふーん」と明らかに興味がない彼は「脈なし」と判断して次にいきましょう。「別の男性って誰だよ!?」とムッとしたり「先に進むってどういうことだよ!?」と焦りを見せてきたりしたら「脈あり」と考えて待ちましょう。

なぜ、これでプロポーズしてくれるのかというと、「男性は自分が「好きだ」と思うもの、「自分の大事な人」が別の男性から奪われるときに、一番危機感を感じて行動する。」からです。

この方法の注意点を5つ

この方法は、とても効果のある方法です。ですが、使うタイミングや注意点をしっかり押さえることがとても重要であり、もっとも効果を発揮させますので、しっかり読み込んで実践しましょう。

1. まず、あなたがどうしたいのか伝える

まず、自分の「気持ち」を大切にして、あなたが何を感じているか、あなたがどうしたいのかを伝えましょう。

2. ライバルの存在をほのめかす

ライバルの存在をほのめかすことです。ここは非常に大事なポイントです。彼以外にも、他の男性が、女性のことを狙っているということをほのめかします。

3. 期限を区切る

期限を区切りましょう。たとえば「私は3カ月以内には返事が欲しい」でもいいですし「1か月以内の返事が欲しい」でもいいです。こんなふうに、期限を区切ってください。男性も「この日までに返事をしよう」というのが頭の中にインプットされるので、必ず期限を設けてください。

4. 簡単にリアクションできるように誘導する

男性が簡単にリアクションできるように誘導してあげることです。この場合でいうと、たとえば「1ヶ月後までに返事をください」でOKです。男性がとるリアクションを、シンプルにする必要があります。それは男性の脳はシンプルなので、あまり難しいことを言われると脳が処理できない性質です。そういうわけで必ずシンプルな構造にしてあげて提案すると、向こうはすぐそれのことを意識して動いてくれます。

5. 男性に決断・行動させる

男性に強制するのではなく必ず男性が自分の意思で、考えて行動をすることを促してほしいと思います。強制しても男性は動けますが、そうされると自分で決めてない分、そのあと欲しい結果に繋がりません。

ちゃんと男性自身で考えてもらい、決断・行動してもらうと、男性の方で決めたことに対して実行力が上がるのでこれが非常いいです。

プロポーズ成功事例

実際に「男性から見た男性心理」に基づいた成功事例をいくつかご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

【成功事例1】

Q1. セッションを受ける前に、どんなことで悩んでいましたか?

結婚をしたいと思いつつ彼氏がいませんでした。

ここ数年間は本当に好きだと思える人もいなかったので、出会いを求めて婚活パーティーに参加したり、出会い系アプリに登録したりしていましたが、全然上手くいかず。いいなと思う方とマッチングはなかなかしませんでしたし、希にできたとしても、一度会うきりで、次に繋がるような関係を築くことはできませんでした。

実際の声:3ヶ月半で、一段上のお付き合いができました。

【成功事例2】

Q1. セッションを受ける前に、どんなことで悩んでいましたか?

セッションを受ける前の悩み私には告白してきてくれたお相手がいてデートをスタートさせていました。しかし過去にも似た様なパターンでつまづき、関係が壊れそうになった為。私には、告白してきてくれたお相手がいて、デートをスタートさせていました。

しかし過去にも似たようなパターンで、元彼女の存在がちらつき、私はそれでショックを受ける。彼を疑いモードで見はじめてしまい、私が怒りをぶつけ関係が不安定になると言うことが、毎回お付き合い初期でありました。

せっかくのご縁をまた嫌な想いで終わらせたくない! 何より自分自身が変わりたい! もうこんな状況をつくりだす自分の在り方を変えたい!! そんな想いからのスタートでした。それをきっかけにサポートをお願いしました。

実際のお声:36歳女性、4ヶ月で結婚前提彼氏ができました。

【成功事例3】

Q1:現在、パートナーシップに関して、どのようなことにお悩みですか?

人間は一人では生きていけないため、結婚という形をもって落ち着きたいのも本心です。9ヶ月程お付き合いしている人があり、ようやく私の両親との会食の日程決めまでこぎつけました。(周りがうるさく、背中を押される形で私からLINEしましたら、なんとか決まりました)

嬉しい反面、自分のキャリアの方向性を見失っている中、怒涛のごとく結婚にこぎつけてしまうことに、モヤモヤしております。今起こっている環境の変化の全てに意味があるのでしょうか?であれば、その波を的確に捉えてモノにしたいです。

彼とは不思議なご縁でここまで来ました。これからも彼とよりよいパートナーシップを築ければ最高であると存じます。

実際の声:アラフォー女性の一晩での変化!

まとめ ~プロポーズされる方法を味方にして~

いかがでしたか?

本記事では「彼にプロポーズされない理由」と「彼にプロポーズされる方法」をお伝えしてきました。とはいえ、自分の努力だけでは彼に変化が起きなくて…もっと焦ってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。ぜひ、ひとりで悩まずに、プロポーズしてもらえる方法を参考に実践してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また、こちらの5,000名以上の方に購読されているメルマガでは、ウェブではちょっと書けないような秘密を暴露しています。

もっと知りたい方は、こちらからメルマガの登録をどうぞ。

<参考書籍>

  • スパルタ婚活塾 水野敬也
  • 「1%も尽くさない」で一生愛される 萩中ユウ
  • 私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな ジェーン・スー
  • 妥協するなら結婚するな!無敵の婚活女[ヴィーナス] 杉口加奈
  • 夢を見続けておわる人、妥協を余儀なくされる人、「最高の相手」を手に入れる人 仲人T
  • 自滅女子の婚活♥下剋上 恋愛コンサルタント ひろん